体のコラム

健康のためのコラム、日常生活における生活習慣に関するコラムなどを毎月お届けします。

冬の寒さを乗り切るカラダづくり

12月に入り寒い日が続いていますが、お体の調子はいかがでしょうか?
この季節は体調を崩してしまう要因がいくつかあります。
今回のコラムでは、体調を崩しやすいこれからの寒い季節を上手に乗り切るための「カラダづくり」についてお話します。

寒い季節に体調を崩してしまう要因

体調不良の要因は下記のような状況が考えられます。

  • 冷え
  • 乾燥
  • 年末年始の暴飲、暴食
  • 長期休暇による生活サイクルの乱れ
  • 日照時間の減少による睡眠不足

などです。
先に挙げたことが原因となって体調を崩してしまった場合、自律神経が不調である可能性が考えられます。

それでは、自律神経は私たちの体にどのような影響があるのでしょうか。
また、どのようにすれば自律神経を整えられるのでしょうか。

自律神経の働きは緊張とリラックスの2種類

自律神経とは、呼吸・血圧・心臓を動かす・内臓を動かすなど、自分の意思とは関係なく生命を維持するために働く神経のことを言い、体の内側や外側にストレスを受けた際、その機能を一定にしようとする働きがあります。

自律神経は「交換神経」と「副交感神経」の2種類に分けられ、それぞれバランスをとりながら働いています。

「交換神経」と「副交感神経」の2種類の自律神経がバランスをとりながら働いている

交換神経が優位になるとき

  • 活発に動いているとき
  • ストレスを感じているとき
  • 緊張しているとき

など、活動しているときに優位になります。

副交感神経が優位になるとき

  • 休息しているとき
  • 睡眠を取っているとき
  • リラックスをしているとき

など、体を休息させたり回復させたりしているときに優位になります。

体の健康を保つためには、交換神経と副交感神経がスムーズにスイッチすることがとても大切なことです。

自律神経の乱れは免疫系に影響の可能性も……

多数の著書を書かれている医師の福田稔先生と安保教授(新潟大学医学部)は、「自律神経は免疫系の数と働きを支配している」と仰っています。
このことから、自律神経の乱れによって免疫系に影響が出てしまう可能性が高いと考えられます。

免疫系では交感神経が活発化すると顆粒球が多くなります。
この顆粒球は普段、細菌を活性酸素で攻撃してくれているのです。しかし、スイッチが入りっぱなしになると活性酸素を多く作り過ぎてしまい処理しきれなくなり、自らの健康な細胞を傷つけてしまいます。

また、副交感神経が活発化するとリンパ球が多くなります。
リンパ球は普段、腫瘍や死んだ細胞など健康な細胞と違う細胞を攻撃してくれているのです。しかし、スイッチが入りっぱなしになると過敏になり過ぎ、健康な細胞を悪い細胞だと勘違いし攻撃してしまいます。
よって、交感神経が優位になりすぎると疲労や老化、腫瘍のできやすい体になってしまい、副交感神経が優位になりすぎると自己免疫疾患やアレルギーになりやすい体になってしまうのです。

自律神経とホルモンの関係

自律神経の交感神経優位になると、「アドレナリン」「ノルアドレナリン」「甲状腺ホルモン」などが多く分泌します。
そのなかでもアドレナリンは血管を収縮させて血流を速くして心拍を上げ、消化器系の血液を循環器系に回し、肝臓からグリコーゲン(糖)を血中に送り出しいつでも運動できる状態を作ります。しかし、交感神経のスイッチが入りっぱなしの状態で糖を消費しないと、血糖値が高い状態が続き生活習慣病のリスクが上がってしまうのです。

また、自律神経が副交感神経優位になると「ドーパミン」「インシュリン」などを多く分泌します。
ドーパミンは血管を拡張させ血流を遅くして心拍を遅くし、循環器系の血液を消化器系に回します。
インシュリンは血中の糖を筋肉や肝臓、脂肪に必要のときのために蓄積します。
しかし、副交感神経のスイッチが入りっぱなしになってしまうと脳の血流が悪くなり、うつ病や精神病を患いやすい状態になるのです。

自律神経と腸内環境は密接なつながり

腸は「第二の脳」と言われていますが、元々は脳と神経と腸は同じ細胞からできているため密接な関係があります。
消化器系(特に腸)は副交感神経が司っているため、リラックスしている状態の方が腸内環境も働きも良い状態になりやすいです。
しかし、交感神経が優位になりスイッチが入りっぱなしになると腸の働きが弱まり悪玉菌が増えてしまいます。そのことにより腸内でできた有害物質が血液に乗って全身に巡ることになってしまうのです。

最近の研究では、脳から腸のほうへ一方的に指令を出すのではなく、腸からも脳や自律神経に影響を及ぼす「脳腸相関」の関係にあることがわかってきました。

腸の環境を整えることでセロトニンというホルモンを出し、自律神経のバランスも良くなり体調を崩しにくくなるのです。

不調なときの自律神経の整え方

当院では、乱れた自律神経の調整力が高まるようトリガーマッサージやカイロプラクティックの施術を行います。

カイロプラクティックの施術

トリガーマッサージは硬くなった筋肉をほぐし、血液やリンパの循環をスムーズにして痛みの元になる発痛物質や老廃物の流れを促します。循環がスムーズになると新鮮な酸素や栄養を血液によって全身に行きわたらせることができ、体内のストレスを減らすことに繋がるのです。

カイロプラクティックは神経の流れをスムーズにし、姿勢を整えることで重力の負荷を軽減します。そのことで、体内と体外のストレスを減らすことができます。
体内外のストレスの減少は自律神経の働きを正常化へと導くことができ、自己調整力の向上に繋がります。その結果、ストレスを受け流す体を作ることができるのです。

あわせてオススメの水素吸入

当院にはカイロプラクティックなどの施術メニュー以外にも、代謝を促進するメニュー「水素吸入」をご用意しています。

水素吸入

水素は代謝を促進し、体を老化させる悪玉活性酸素を無毒化します。
専用チューブで鼻から吸入する当院の水素吸入は、30分の吸入で12トン分の水素水摂取に相当し、飲料として口から摂取する水素水よりも効率的に摂取でき、カラダの隅々まで行きわたります。

寒いこの季節を元気に乗り切る第一歩!
健康なカラダづくりに当院をお役立てください。

「体調不良」「疲労回復」「代謝促進」のことなら、みたか北口総合整体院