体のコラム

健康のためのコラム、日常生活における生活習慣に関するコラムなどを毎月お届けします。

プロが教えるリセット体操

今回は、仙骨や腰椎の丸まりをセルフリセットすることができる体操を動画でご紹介したいと思います。

この動画は「マッケンジー体操」といって1960年代にニュージーランドの理学療法士、ロビン・マッケンジー氏が偶然見つけ、腰痛に有効だと認められた体操です。

日常では仙骨や腰椎が丸丸姿勢により、バランスを取ろうとした腰の筋肉が緊張疲労し腰痛の原因となります。
それに対して、この体操を行う事で仙骨や腰椎の丸まりをセルフリセットすることができるため、腰の筋肉の緊張や疲労が減らせるというものです。
また、腰椎や仙骨の丸まりは「椎間板ヘルニア」の原因にもなり得るため、ヘルニアの予防にも有効とされています。
行うタイミングは「夜寝る前」「朝一」がオススメです。
肘で起こすのが余裕でできる方は、肘を伸ばしてもOKです。
決して無理はしないで下さい。

特に以下の方には特におすすめな体操です。

  • □ 朝、腰が痛い
  • □ 座ってる時間が長い
  • □ 床に座る習慣がある
  • □ ソファなど寄りかかって座る
  • □ 車、新幹線、飛行機などに乗る
  • □ クシャミや咳で腰に響く
  • □ ウエストが太くなった
  • □ 下っ腹が出やすくなった
  • □ O脚が強くなった
  • □ 下半身が冷える、むくむ
  • □ 綺麗な骨盤と姿勢にしたい
  • □ 出っ尻と言われる ※1
  • □ 鳩胸と言われる ※1

※1 よく出っ尻や鳩胸、反り腰の方は「身体を反らないように」というアドバイスを受けた人もいるかもしれませんが、実はほとんどの方が逆効果です。
なぜなら出っ尻、鳩胸、反り腰になる方のほとんどは、「潜在的猫背」と私は呼びますが、頚椎や上部胸椎、腰椎や仙骨が普段の姿勢で丸まってきており、それを取り戻そうと背骨を反らせてる方がほとんどだからです。
疑問がある方は1度専門家に診てもらうと良いでしょう。

以下の項目が該当する方はこの体操には注意が必要です。1度専門家に診てもらってから判断して下さい。

  • □ 椎間板ヘルニア※反らすと痛みや痺れが増悪する
  • □ 腰椎分離滑り症
  • □ 脊柱管狭窄症
  • □ 上記は無いが腰を反らすと痛みや、違和感がある

その人それぞれのクセや環境にも配慮した施術やアドバイスを行っています。
頑固な腰痛や肩こりでお悩みの際はご来院ください。

「腰の痛み」「足の痛み」「骨格バランス」のことなら
みたか北口総合整体院