体のコラム

健康のためのコラム、日常生活における生活習慣に関するコラムなどを毎月お届けします。

腰痛について

朝晩が寒くなってきたことで、腰痛がひどくなった方々が多く来店されるようになりました。
腰痛は仕事や日常生活で長い時間座っていることが多い方により見うけられます。立っている時よりも座っている時の方が腰に負担が大きいのです。

なぜかと言うと立っている時は体全体で体の重さを支えてくれますが、座っていると腰で上半身の重さを支えるので、筋肉にストレスがかかり固くなりやすくなるのです。
さらに重いものを持ち上げる動作の中で立った状態で腰だけを曲げて荷物を持つ動作は腰の骨や腰の筋肉に負担をかけやすく痛みが出やすくなります。

腰痛の応急処置として、腰のまわりの筋肉を暖めることがあげられます。それにより血管の流れが良くなり痛みを緩和します。
逆に冷やすと余計に筋肉を固くして痛みが出やすくなりますので気をつけましょう。
重いものを持ち上げる動作では、しゃがんで体全体で重いものを持ち上げるようにしましょう。
そうすると腰にあまり負担がかからないので腰痛になりにくくなります。長い時間座っていることがあったら休憩を取りながらストレッチをしましょう。ストレッチをすることで固くなった筋肉を和らげることはできます。

もしそれでも腰痛が楽にならなければ、御来店下さい。当院では、特殊なカイロベットを使って腰の歪みを調整し腰の痛みを取り除きます。身体を楽にして、快適に過ごせる環境作りをサポートします。

「腰痛」でお悩みなら、みたか北口総合整体院