梅雨入り対策

【1】 湿度
人間は常に体温を一定に保つために、汗をかいて調整をしています。
通常では、かいた汗は空気中に蒸発しますが、湿度の高いこの時期には汗は体表に残りやすくなります。
【2】 冷房・除湿
この時期どうしてもエアコンに頼りがちになりますが、ここで気をつけて欲しいのが筋肉は冷えに非常に弱く、たちまち筋緊張を起こし、頭痛や肩こり、首や背中の痛み、手足の痛みなど全身に悪影響を及ぼします。
3】 湿度とエアコンで・・・
またさらに①でのべた体表に残った汗が、エアコンで冷やされ蒸発すると、気化熱(水分が蒸発するとき温度を奪う現象)により体温が著しく奪われ、急激に冷やされた筋肉は、さらに緊張が増すのです。
【4】 さらに・・・
筋肉が緊張した状態になると、血行が悪くなり、代謝も悪くなります。体はだるく疲れは取れず‥の悪循環に陥るわけです。

<特徴的な自覚症状としては>

いつもと比べて‥原因が特にないのに‥あるいは朝起きたときに・・

  • 首や肩、背中が痛む
  • 頭痛がする
  • 腕や手に痛みやシビレを感じる
  • 腰が痛む
  • 脚がつる
  • 脚がむくみ、だるさを感じる
  • 脚が痛み、シビレを感じる
  • とにかく疲れが取れなく、だるい。

などの自覚症状が多くなるようです。

こういった梅雨などの環境的要因はどうしても避けられませんが、出来るだけ冷房や除湿をさけるようにして下さい(肌の見える服装はかなり影響を受けます)。特に寝ているとき等は涼しいと感じるときは既に体は冷えていますので、涼しいと感じないくらいの温度設定にしたり、タイマー設定をするなどの工夫をしてみてください。

また骨盤の歪みや背骨のバランスがわるくなっていると、余計な関節や筋肉への負担が増え、上記のような自覚症状を感じやすくなりますので、体のバランスがどうなっているかもケアをしておけば万全でしょう。むしろそちら原因になっている人も多いので早めのケアがベストです。

カイロプラクティックのことなら、みたか北口総合整体院へ

Share on FacebookTweet about this on Twitter

TOPへ